魂のための公民権運動

ヒューマニティー・チームは発足当初より、用意されたプログラムやアクティビティ、あるいは誰かの主導によるものではなく、地球規模での霊的な草の根運動(ムーブメント)として結成されました。

自然に沸き起こる運動(ムーブメント)というものは、広範囲に影響する大きな諸問題に答え、多くの人々の人生に触れています。

20世紀の2つの有名な運動(ムーブメント)- マハトマ・ガンジーのインド独立運動、マーチン・ルーサー・キングのアメリカ公民権運動 - は国家を変容させました。彼らが国家の変容を成し遂げたのは、いかなる状況下においても、その運動(ムーブメント)が意味する真実に完全に忠実であることを通して、そして人々がその真実を目のあたりにすることを促すことによってでした。それは、心と精神が変わることで行動が変わった結果でした。

同様に、ヒューマニティー・チームを支持する者は、ひとつの真実 - すなわち私たちはすべてひとつであるという永遠の真実 - に忠実であり続けます。そして私たちが生きる人生を通してこの真実を明らかにすることを追求します。それによって、人々がこの真実が示されるのを目のあたりにし、心と精神が変化し、そして行動が変化するのを手伝うことに努めます。

ヒューマニティー・チームは、今、支配的になっている信念から生ずる苦難やその他の課題に対処するために、2003年に創設されました。その支配的になっている信念とは、私たちは神から離れており、お互いからそしてすべての生命/人生から離れているという信念であり、またこれと対をなす、独裁的で悪意のある神という信念です。

とりわけ西洋では、多くの人々が、自分たちがほとんどの点で限られた存在であり、生きるための人生は一度きりで、神あるいは宇宙から離れており、お互いから離れていると信じるように育てられています。神を信じる人々はしばしば神を、怒って、裁き、状況によっては、殺戮をも犯す者として考えています。

多くの人々が彼らの本当のアイデンティティに対して眠っているような状態でいます。神と一体であること、お互いにそしてすべての生命/人生と一体であることについても同様です。人々の行動がこのことを反映しています。ちょっと世の中を見回してみてください。戦争、テロリズム、飢餓、その他、なんと痛々しい状況でしょうか!

私たちヒューマニティー・チームは、これらの状況を、概して私たちの神と生命/人生についての信念の結果であると捉えています。しかし、これらすべては変えることが出来るのです。

その変化は、私たちが、私たちはすべてひとつであるという真実に目覚め、この真実を否定するのではなく、証明するために自らの人生を生きる時に起こります。

私たちの運動(ムーブメント)が、“魂の公民権運動”と名づけられているのはこういった理由からです。私たちヒューマニティー・チームは、私たちの在り方の中に癒しの真実を見出します。それは、私たち自身を癒し、私たちの関わり合いを癒し、私たちのコミュニティーを癒し、そして私たちの世界を癒す真実です。私たちは自分たちが、ある人は神と呼び、またある人は宇宙と呼ぶところの唯一のエッセンスの一部であることを理解しています。そしてこの唯一のエッセンスは、神聖にして愛に溢れ、慈悲深く、創造的にして永遠であることを理解しています。

これは何も新しい考えではありません。預言者、メッセンジャー、聖人や賢者たちが、時の初めからこのメッセージを共有し伝えてきました。この考えは、インドのヴェーダ哲学や旧約聖書、新約聖書にも認められますし、その他ほとんどの聖典や現代の新しい霊性の教材にも共通して見られます。また、ワンネス(ひとつであるということ)は、生命は、お互いがお互いを補完し合う多様な次元を含んだ統合体である、とする量子物理学者や科学者による仮説でもあります。

私たちはすべてひとつであるということはすべてを変える考えです。私たちが、お互いの中に神と本来の自己を見出すとき、他者を愛し、育み、援助するより他はありません。私たちがワンネスを受け入れ、それを具現化するとき、必然的に、他者、他の物や他の場所を思いやることでしょう。神と本来の自己は、他者、他の物のすべての中にあり、したがって、神から取り残されているものは一つとしてありません。

これはヒューマニティー・チームからの招待 - 私たちがひとつであることを受け入れ、具現化し、それをさらに他の人に伝えていくことです。このことが、私たちが運動(ムーブメント)を通じて在る理由です。

私たちヒューマニティー・チームは、世界が同時代の人々の間でのワンネスに目覚めるよう意思を定めます。そうすれば、子供たちがずいぶんと違った世界で育つことが出来るからです。私たちの多くが人生をこの目標にささげており、これを意図して行っています。そして、私たちより前の時代の運動(ムーブメント)と同様に、目標が達成されたとき私たちは解散することでしょう。

私たちのことをお手伝いしたいと思われますか。こちらをクリックしてください。

翻訳:安山


  • <<
  • 神との対話365日の言葉
  • >>
神との対話表紙
2017-09-21
人間にとっていちばんむずかしいのは、
自分の魂の言うことを聞くことだ。
(そうできるひとが、
どんなに少ないかわかるだろうか)。
メルマガ登録 (メールアドレスを入力して下さい)
  •   
全国のスタディグループ