イベント詳細情報

第19回(総計117回)HT東京・羽村スタディ・グループ

 開始日時
 終了日時
詳細

HTの皆さん、

下記は、2020年(令和2年)2月の勉強会のお知らせメールです。

 

<第19回(第117回)HT東京・羽村スタディ・グループ> 


■日時:2020年(令和2年)2月8日(土)。 


★今日のスケジュール(午後1時10分〜4時25分)。

  1)オープニング(約10分の瞑想)。

  2)自己紹介:名前・現住所・出身地・趣味・あなたが自分の人生で、とても大切に思っている事、あるいはしている事を、一つ(あるいはそれ以上)上げてみて下さい。その他、今話したい事等、何でもOK

  3)休憩:2:30〜2:40。

4)メイン・テーマ: 「思考(精神)と存在(魂)と行動(身体)の役割の違いについて」(後半)。

前回、お渡しした要約文をご持参下さい。2回に分けた話し合いの後半部分で、今回は、前回の終わり(P.6、上から4節目まで)から最後までを勉強します。(早く終わった場合:「神との対話シリーズ(全11冊)」全般からの教えに関する質問・意見・感想等や、それに関する個人の経験の分かち合い。)

  5)クロージング(約5分の瞑想)。

 

車の送迎:午後1:05までに、羽村駅東口階段下、  

     またはファミリーマート辺りに集合、8人乗り。

 

会場:羽村コミュニティー・センター(以前と同じ会場)、羽村市役所内にある別館(徒歩約15分)。

部屋:2階、相談室。

住所:〒205−0003  羽村市緑ヶ丘5丁目2番地6。

電話番号:042−554−8584。

駐車場:多数有り、無料。

https://www.mapion.co.jp/m2/35.76841799,139.31081626,16/poi=L0297809

 

最寄駅:1.青梅線羽村駅(中央線立川駅で、1,2,5,6番線から出発)。

    2.武蔵五日市線以外の全ての路線OK、立川駅から羽村駅まで約20分)。

    3.西部拝島線・八高線拝島駅から羽村駅まで約10分。

     

参加費:200円(会場費と資料込み)。

 

参加者:全ての方が対象。「神との対話」を読んでいない方でも、歓迎します。

 

勉強会後、有志の仲間と共に食事に出かけます。楽しいフリートークが延々と続く事でしょう。興味のある方、関心のある方、分かち合いをしたい方、是非ご参加下い。

 

2月7日(金曜日)までに、参加の有無をお願いします。また、飛び入りもOKです。

 

尚、このメールは以前HT東京・羽村のスタディーグループに

ご参加頂いた方々にお送りしています。もしメールが不要な方は、

遠慮なくその旨をご連絡下さい。速やかに対処させて頂きます。

 

<私の連絡先>

携帯番号:090−2721−8838

PCアド:ka85832@rg7.so-net.ne.jp

スマホ:ka85832hn@gmail.com

 

次回予定日:2020年(令和2年)3月7日(第1土曜日)相談室。

次回のテーマ: 「原因と結果、結果と罰、因果応報について」

野川

****************************

勉強会開催の動機:「神との対話」を読んで感動された方、その嬉しい思いや感情を共に分かち合いませんか!

私は、約20年前、友達から「神との対話@」を勧められ、その内容に深く感動しました。その感動を誰かと共有したいと思っていた所、各地で勉強会があるのを知り参加しました。そこで沢山の新しい仲間と出会い、多くの喜びを体感しました。

そんな貴重な経験から、私の住む近くで、誰もが楽しく語り合える“学びの場・思い出しの場”があれば良いなと思い、この勉強会を立ち上げる決心をしました。
 
一人で考える力もとても大切、さらにそんな仲間が一箇所に集まり、お互いの人生経験や価値観を交流し合うのもとても大切。そこに沢山の気付きや深い理解、そして温かい友情や連帯感が芽生え、お互いの成長に繋がると考えています。

そう言う訳で、楽しく、自由で、思いっきり自分の考えや感情を分かち合いたい方、是非参加しませんか。そしてそんな素晴らしい仲間を一緒に増やして行きませんか。


 開催場所 上記、イベント内容詳細説明を参照。
 参加費用 一人200円(会場費と資料込み)。
 定員 特に制限定員数なし。
 対象 特に条件なし。
イベント申し込みフォーム
メールアドレス(*)
姓名(*)
都道府県
電話番号
メルマガ
も受け取る
はい
コメント 

フォームを保存する
  • <<
  • 神との対話365日の言葉
  • >>
神との対話表紙
2020-01-21
雪のひとひら以上に完璧なものがあるだろうか?
その精妙さ、デザイン、対称性、ひとつひとつが
雪の結晶としてあるべき姿を保ちながら、同時に個性的でもある。
まさに神秘ではないか。
あなたがたは、この自然の驚くべき奇跡に驚異の念をいだくだろう。
雪の結晶について、神にはこれだけのことができる。
宇宙についてどれほどのことができると、あるいはできたと思うか。
ブログ
メルマガ登録 (メールアドレスを入力して下さい)
  •   
全国のスタディグループ