イベント詳細情報

第30回 HT大阪南スタディーグループ


 開始日時
 終了日時
詳細

 ※ 開催時間 13時30分に変更しています。

前回はお話し出来ず、申し訳ございませんでした。
お題は、『意識について』です。
皆さまの経験した出来事の中から、
皆さまご自身が気づいたことを共有したいと思っています。
 
ニール・ドナルドウォルシュ著書の内容から
自分自身が、何を受け取れるのか?
私は、何をすべきなのか?どう在りたいのか?という
日常の生活で見落としがちな
自分自身の在り方を、一緒に考えてみませんか?


『意識について』  

意識の4段階『潜在意識』『意識』『超意識』『超絶意識』

について、理解を深めましょう。

 

『潜在意識』の段階とは、意識的に創造していない経験の場だ。

例えば。髪の毛が伸びる、まばたきをする、心臓の鼓動などは、自動的な働きだ。

これらの身体のシステムは、意識的な指示なしに進行している。
 

『意識』の段階は、自分が何をしているかを、ある程度は認識している。

どの程度まで認識しているかは、意識レベルの高さによる。
 

『超意識』の段階は、自分が何をしているかを、充分に認識している。

その充分な認識のレベルで、自分の現実を知り、経験を創造する。

これは、魂のレベルだ。
 

『超意識』は、常にあなたを成長へと導き、成長するための完璧な人・場所・出来事を用意する。

そして、「知る事と経験する事を組み合わせて感情を生み出し、
真の自分についての認識を創造できるように」仕向ける。


その先は、

『潜在意識』+『意識』+『超意識』の三つが一体になった意識レベルは、

『超絶意識』(仮定)』とします。
 

『超絶意識』(仮定)に到達すると、完璧に創造的になる。

三つの意識が足し合わされるが、実はそれ以上だ。

なぜなら、あらゆるものがそうなのだが、そこでは全体は部分の総和よりも大きいから。

その時、あなたは純粋な「存在」になる。

この「存在」は、あなたの中の『創造の究極の源(神性)』だ。
 

「三つが一体になった意識レベル」は、『超絶意識』(仮定)と呼ばれる。

 しかし、残念ながら人類はまだ。『超意識』の意図にすら気付いていない。

……以上。『神へ帰る』から抜粋しました。

 開催場所 大阪市阿倍野区民センター
 アトリエ室

http://www.osakacommunity.jp/abeno/map.htm

住所 〒545-0052
   大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目19−118
※阪堺上町線「阿倍野」 下車  徒歩約3分
※地下鉄谷町線「阿倍野」下車?番出口  徒歩約3分
電 話  06−4398−9877
 参加費用 お一人様500円です。

会場の使用料として使います。

 定員 20人
 対象
どなたでもご自由に参加出来ます。
  • <<
  • 神との対話365日の言葉
  • >>
神との対話表紙
2020-01-21
雪のひとひら以上に完璧なものがあるだろうか?
その精妙さ、デザイン、対称性、ひとつひとつが
雪の結晶としてあるべき姿を保ちながら、同時に個性的でもある。
まさに神秘ではないか。
あなたがたは、この自然の驚くべき奇跡に驚異の念をいだくだろう。
雪の結晶について、神にはこれだけのことができる。
宇宙についてどれほどのことができると、あるいはできたと思うか。
ブログ
メルマガ登録 (メールアドレスを入力して下さい)
  •   
全国のスタディグループ